MENU

青空レストランのラタトゥイユの作り方やレシピについて

青空レストランで放送された「ズッキーニのラタトゥイユのレシピ」を見て、早速作ってみました!
丸ズッキーニとUFOズッキーニを使うのが珍しいですよね。食感の違いを楽しめるのがポイントだそうです。

実際に作ってみると、ベーコンの旨みとズッキーニの相性が抜群でした。丸ズッキーニは火が通りやすく、やわらかな食感。一方、ズッキーニは少し歯ごたえがあり、食感のアクセントになっていました。

夏野菜の瑞々しさを存分に味わえる一品で、保田圭さんが絶賛するのもわかる美味しさでした。ズッキーニは焼いても煮込んでも美味しいので、色々なアレンジができそうですね。

旬のお野菜をたっぷり使ったこのラタトゥイユは、夏にぴったりの料理だと思います。暑い日が続くこの時期に、ぜひまた作ってみたいです。

みなさんも、青空レストランのレシピを参考に、新鮮なズッキーニを使ってラタトゥイユを作ってみてはいかがでしょうか。きっと、夏野菜の美味しさを再発見できるはずです!

目次

材料(5~6人前)

ズッキーニのラタトゥイユ

  • 2種類のズッキーニ(丸型とUFO型)各1個
  • じゃがいも(大)1個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにく 1片
  • ブロックベーコン 100g
  • ホールトマト缶 400g
  • ドライバジル 小さじ1/2
  • トマトケチャップ 30g
  • 顆粒コンソメ 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 黒こしょう 少々
  • オリーブオイル 適量
  • パルミジャーノチーズ(粉チーズ)適量
  • バジルソース 適量

作り方

  1. ズッキーニは形状に合わせて乱切りにする。じゃがいもは皮を剥き、乱切りにして電子レンジで加熱する。にんにくはみじん切り、ベーコンは一口大に切っておく。
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立ってきたら玉ねぎを加えて炒める。
  3. ベーコンを加えて炒め、その後UFO型のズッキーニを加える。
  4. 丸型のズッキーニを加えて炒め、ケチャップ、コンソメ、塩、黒こしょうで味付けする。
  5. 少し焼き色がついてきたら、ホールトマト缶とドライバジルを加え、落し蓋をして8~10分ほど煮込む。
  6. 器に盛り付け、バジルソースとパルミジャーノチーズをお好みでかけて完成。

このラタトゥイユは、2種類のズッキーニの食感の違いを楽しめるのが特徴です。じゃがいもを加えることで、より満足感のある一品になります。ベーコンの旨味とズッキーニの相性も抜群で、夏野菜の美味しさを存分に味わえるでしょう。ぜひ、旬のズッキーニを使って作ってみてください。

青空レストランのラタトゥイユ作って食べてみた感想

青空レストランで紹介されていたズッキーニのラタトゥイユを作って食べてみましたが、これは絶品でした!

まず、2種類のズッキーニを使うことで、食感の違いを楽しめるのが良いですね。丸型のズッキーニはやわらかく、UFO型のズッキーニは少し歯ごたえがあるので、一緒に食べるとおもしろい食感のハーモニーが生まれます。

じゃがいもを加えることで、より満足感のある一品になっていました。ズッキーニだけだと少し物足りないかもしれませんが、じゃがいもがほくほくとして、食べ応えがあります。

ベーコンの旨味とズッキーニの相性も抜群で、全体的に深みのある味わいになっていました。ベーコンの塩気とコクが、ズッキーニの淡白な味を引き立てていて、とてもバランスが良いです。

トマト缶を加えることで、酸味と甘みが加わり、さらに美味しくなりました。ドライバジルの香りも良く、夏野菜の爽やかさを感じられます。

バジルソースとパルミジャーノチーズをかけることで、さらに味に奥行きが出て、まるでイタリアンレストランの一品のような仕上がりになりました。

全体的に、夏野菜の美味しさを存分に味わえる一品で、作って良かったと思います。野菜がたっぷり摂れるので、健康的だし、見た目も鮮やかで食欲をそそります。

家族みんなで楽しく食べられる一品なので、またリピートしたいと思います。青空レストランのレシピは、やっぱり間違いないですね!

主婦の私が思う、ラタトゥイユを作るのがおすすめのシーン

主婦の立場から考えると、ズッキーニのラタトゥイユを作るのがおすすめのシーンは以下のようなものがあると思います。

  1. 夏のホームパーティーの一品として
    夏のホームパーティーで、ズッキーニのラタトゥイユを作れば、見た目も鮮やかで、野菜たっぷりの健康的な一品になります。ゲストの方にも喜ばれるでしょう。
  2. 家族の夕食のメイン料理として
    ズッキーニのラタトゥイユは、野菜がたっぷり摂れるので、家族の夕食のメイン料理としてもおすすめです。ベーコンの旨味もあるので、お肉が苦手な子供でも食べやすいと思います。
  3. お弁当のおかずとして
    ズッキーニのラタトゥイユは、味が染み込んでいるので、お弁当のおかずとしても良いでしょう。常温でも美味しく食べられるので、アウトドアのお弁当にもぴったりです。
  4. 残り野菜の活用レシピとして
    夏野菜が余ってしまった時に、ズッキーニのラタトゥイユを作るのは良い選択肢です。冷蔵庫の野菜を一掃できるので、食材を無駄にせずに済みます。
  5. 作り置きおかずとして
    ズッキーニのラタトゥイユは、作り置きしておくと味が染み込んでさらに美味しくなります。忙しい平日の夕食のおかずとして、あらかじめ作っておくのもおすすめです。

ズッキーニのラタトゥイユは、夏のホームパーティーや家族の夕食、お弁当のおかずなど、様々なシーンで活躍してくれる一品です。野菜たっぷりで健康的だし、作り置きもできるので、主婦の味方になってくれるでしょう。ぜひ、旬のズッキーニを使って作ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次