MENU

オイスターソースを使った人気の餃子レシピ

今日は、簡単でありながら絶品の餃子レシピをご紹介します!

オイスターソースの隠し味と、もち粉入りの皮を使った、ジューシーで香ばしい餃子は、家族や友人とのお食事にぴったり。手軽に作れるのに、味わいを楽しめる、自慢の一品です。

作って食べた感想: 「この餃子を初めて作ったときの感動は忘れられません。パリッとした皮の食感と、ジューシーな具材のハーモニーが絶妙でした。オイスターソースの深みのある旨味が、肉と野菜の素材の味を引き立て、一口食べるたびに幸せな気分に。ラー油としょうゆを付けて食べると、さらに風味が増して、止まらなくなってしまいました。家族からも大好評で、リピート間違いなしの味です!

目次

餃子レシピ

餃子レシピを紹介します。

材料(約20個分)

  • 豚ひき肉 100g
  • 餃子の皮(もち粉入り) 20枚
  • キャベツ 70g 粗めのみじん切り
  • 玉ねぎ 1/8個 粗めのみじん切り
  • 水 大さじ3
  • オイスターソース 小さじ2
  • 粗挽き黒こしょう 適量
  • ごま油 大さじ1/2
  • サラダ油 適量
  • しょうゆ
  • ラー油

作り方

ボウルにひき肉を入れ、粗挽き黒こしょう、ごま油、オイスターソース、水を加えてよくこねます。その後、冷蔵庫で15分ほど冷やします。冷やした後、キャベツと玉ねぎのみじん切りを混ぜ合わせます。餃子の皮にタネを包み、底の部分にサラダ油をつけてからフライパンに並べます。お湯を1/3ほど加え、蓋をして焼きます。焦げ目がついたらごま油を加え、皿に取り出して完成です。お好みでしょうゆとラー油を添えてどうぞ。

おいしく作るポイント

  1. オイスターソースの使用: 深みのある味わいの決め手です。量を調整して、好みの味に仕上げましょう。
  2. 水を加える: ジューシーな食感を出すために、水を加えることが重要です。適量を守ることで、焼いたときにジューシーさが際立ちます。
  3. 野菜を最後に加える: キャベツと玉ねぎを最後に加えることで、適度な水分量を保ち、包みやすくなります。
  4. 冷蔵庫で冷やす: タネを15分冷やすことで、具材の味がなじみ、より深い味わいになります。
  5. 焼き方: サラダ油で底面をカリッと焼き、その後蒸し焼きにすることで、外はカリッと中はジューシーに仕上がります。
  6. ごま油の風味付け: 最後にごま油を加えることで、香ばしさが増し、より本格的な味わいになります。

作って食べた感想

この餃子を初めて作ったときの感動は忘れられません。パリッとした皮の食感と、ジューシーな具材のハーモニーが絶妙でした。

オイスターソースの深みのある旨味が、肉と野菜の素材の味を引き立て、一口食べるたびに幸せな気分に。ラー油としょうゆを付けて食べると、さらに風味が増して、止まらなくなってしまいました。家族からも大好評で、リピート間違いなしの味です!

主婦の私が思う、餃子を作るのがおすすめのシーン

以下におすすめの機会をご紹介します:

  1. 家族団らんの夕食時: 週末の夕食やホームパーティーなど、家族や親しい友人が集まる時に最適です。みんなで餃子を包んだり、焼いたりするのも楽しい思い出になります。
  2. 友人とのホームパーティー: 餃子作りは協力して行うと楽しいので、友人を招いてのホームパーティーにぴったりです。皆で具材を準備したり、餃子を包んだりする過程自体が良いコミュニケーションの機会になります。
  3. 飲み会の締めくくり: 宅飲みの締めくくりに熱々の餃子を出すと、喜ばれること間違いなしです。アルコールとの相性も抜群です。
  4. 寒い日の夕食: 寒い季節には、熱々の餃子が体を温めてくれます。具材の野菜でビタミンも摂取でき、栄養バランスも良好です。
  5. お弁当やピクニックのおかず: 冷めても美味しい餃子は、お弁当やピクニックのおかずとしても最適です。
  6. 子供と一緒に料理を楽しむ時: 餃子作りは子供と一緒に楽しめる料理の一つです。包み方を教えたり、具材を選んだりする過程で、料理の楽しさを伝えられます。
  7. 忙しい平日の夕食: 事前に準備しておけば、平日の忙しい夕食時にも手軽に調理できます。冷凍保存も可能なので、時間のある時にまとめて作っておくと便利です。
  8. 季節の変わり目: 旬の野菜を具材に使うことで、季節の味を楽しめます。春は新キャベツ、冬は白菜など、季節に合わせた具材で作ると一層美味しく感じられます。

餃子は様々なシーンで楽しめる万能料理です。手軽に作れて美味しいだけでなく、作る過程も楽しめるので、様々な機会に活用できます。ぜひ、あなたの生活に合わせて餃子を楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次